スノーボード.com TOP ⇒ 事前に注意すること ウェアなどの注意

ウェアなどの注意

気温が0度くらいならばフリースなどで問題ありませんが、インナーは吸湿速乾のものがいいと思います。マイナス3度くらいになると、ヒートテックが必要になります。さらに首などが大変寒くなりますので、ネックウォーマーが必要になります。ネックウォーマーであればベストですが、しかし何らかの事情によって用意することが出来なかったという場合、マフラーで代替しても構いません。

防寒対策に際して、ウェア選びはしっかりと行わなければなりません。寒がりであったり冷え性だったりする方であれば、特に注意が必要でしょう。あまりにも寒さに弱いという方であれば、ウェアの内側にカイロなどを仕込んでおくと暖かくなります。寒さに気をとられてスノーボードを楽しめないというのでは本末転倒ですし、あまりにもったいないので、防寒対策はしっかりと施しましょう。

ウェアを着用する際、気をつけなければならないことは、まだあります。それは動きにくいウェアを避けるということです。スノーボードはスポーツですから、動きやすいほうが良いというのもありますが、何より危険を避けるために、動きやすいウェアのほうが咄嗟の場面にも対応しやすくなるのです。基本的には自分のサイズと合わせれば、動きにくいという事態は避けられるでしょう。

ウェア選びに関しては、実際に試着などを行ったほうが確実です。着用感を確認できますし、暖かさ・動きやすさをその身で体感できるのは、やはり便利でしょう。

事前に注意すること

http://www.pethoteltokyo.com/
東京ペットホテル