スノーボード.com TOP ⇒ 事前に注意すること スキー場の携帯

スキー場の携帯

通常大きめのスキー場の場合は、アンテナは3本たちますが、移動途中の峠や小さな規模のスキー場の場合、電波が弱い場合もあります。さらに、滑っているときはあまり連絡がとれない可能性も高いです。待ち合わせをおおよその時間でも良いので、あらかじめ決めておくのが良いでしょう。携帯がなかなか繋がらず、合流がままならなかったというケースは、非常に多く見受けられます。

スキー場において携帯電話を持っておくとき、衝撃に対する注意が必要です。なにしろスキーやスノーボードというのは、基本的に良く転ぶスポーツです。上級者であっても一度たりとて転ばないというのは、難しいものなのです。そのため、出来れば緩衝材のようなものをポケットへ一緒に入れておく、携帯電話を入れるポケットは転んでもぶつかりにくい場所にするなど、工夫が必要でしょう。

またスノーボードの最中に携帯が鳴っているのに気付いても、コース上で立ち止まって通話するのは非常に危険です。自身が止まっていても、周りの人は常に動いています。その場で携帯電話に出ると、衝突して怪我をする恐れもあるので、通話をするのであればコースの端へ寄りましょう。一番良いのは、コースを滑りきってから、後で電話をかけなおすことです。

スキー場において、携帯電話の所持には注意が必要です。人によっては衝突などで故障するのを恐れ、携帯電話を持ってコースに出ない方もいらっしゃるほどです。この辺りは自己管理が大切といえます。

事前に注意すること

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん