スノーボード.com TOP ⇒ 事前に注意すること 休憩

休憩

疲れてしまった場合は、コースの途中でなくて、コースの端に寄って休みをとるようにしましょう。そうしなければ、後続の滑ってくる方にぶつかってしまい、怪我をしてしまうこともあります。また、リフトからおりたところで留まっているのは危険です。次に降りてくる人の邪魔になってしまいますので、その場に立ち止まらず、早めに移動するようにしましょう。

スノーボードはスポーツですので、当たり前ですが疲れてしまいます。楽しんでいるときは疲れも忘れてしまうかもしれませんが、しかしなんとなく疲労を意識したとき、蓄積した疲労は一気に襲い掛かってくるものです。思わず足を止めて休みたくなってしまうでしょうが、その場で立ち止まるというのは危険なのです。先述したように、休むのであればコースの端に寄りましょう。

しかしコースの端とはいえ、あくまでもコース場ですから、他の方と衝突する可能性がゼロというわけではありません。止むを得ない場合であれば仕方ないですが、余裕があるのであれば、休憩はコースを滑り終えてからにしたほうが良いでしょう。そういった意味で、休憩時間を先に決めておくのも良いかもしれません。予定していた休憩時間よりも先に疲れの兆候が出るのなら、早めに休憩すれば良いのです。

楽しいスノーボードも、ずっと滑り続けていれば、さすがに疲れてくるはずです。適度な休憩を挟んで、適切な遊戯に興ずることが、スポーツを楽しむ上で最も大切と言えるでしょう。

事前に注意すること

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!