スノーボード.com TOP ⇒ 事前に注意すること ジャンプ

ジャンプ

コースの中に、自身の勝手でジャンプ台を作ることは禁止されています。もしどうしてもジャンプをしたいというのであれば、まずはパトロールの人などに確認してください。ジャンプに適したコースというのも、スキー場によっては存在するはずです。さらに、混雑中もジャンプは絶対にしないでください。ジャンプするとコントロールが一気に失われてしまいますから、それによって他人にぶつかってしまうこともありえます。

もし自分に多大な自信があって、ジャンプくらい簡単だと思っていても(実際にそうだったとしても)、やはり普通のコース上でジャンプするのは適していません。なぜならそこには、他人も大勢いるのです。その中には、例えば初心者さんだっているでしょう。ジャンプをすることで慣れていない方達と衝突してしまうこともあるのです。面白半分で危険な行為は止めてください。

出来れば滑る際のスピードも、自身が制御できるスピードで滑るようにしてください。制御できないスピードを出すのは、初心者さんよりも、むしろ中級者の方で多く見受けられます。自信がついてくる時期なのは確かですが、これは自己の元です。例えば思いがけないところに出っ張りなどがあって、思いがけないジャンプをしてしまう事態もあり、転倒して怪我をする恐れもあるのです。制御できるスピードを維持していれば、この危険性は大きく下がります。

ジャンプはジャンプに適したコースのみで行い、通常のコースではしないほうが賢明です

事前に注意すること

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/