スノーボード.com TOP ⇒ 滑り方の中級編 体重移動でまがる

体重移動でまがる

スノーボードに置いて、スケーティング中に曲がることは、コースを制覇するためには大切なことでしょう。簡単な曲がり方の練習は、まず平らな場所に立っている状態で、行きたい方向に体重を乗せます。すると右側に体重を乗せれば、右側にすこしずつ滑り始めます。最初はこれで移動することを覚え、徐々に慣らしていきましょう。要領を得ることが出来れば、体重移動で右へ左へと自在に移動することができるようになります。

基本的には、右へ曲がりたければ右へ身体を傾ける、左へ曲がりたければ左へ身体を傾けるというように曲がります。もちろん、傾けすぎれば転倒してしまいますが、この辺りは滑っていれば感覚が掴めてくるはずです。滑っているときのほうが、直立して練習しているときよりも倒れにくいほどです。体重移動は、慣れが大きく関わってくるでしょう。

スキー・スケートなどと同様で、スノーボードも体重移動によって方向転換するスポーツです。そのため急激な方向転換というのは難しく、緩やかな曲線を描くようにして曲がることになるでしょう。クイックターンという、比較的ですが急な方向転換をするテクニックもありますが、これはかなりのパワー・技術・感覚・経験を要しますし、しかも身体への負担が大きい(疲れやすい)ため、初心者のうちはオススメしません。

スノーボードでの方向転換は、基本的には体重移動で行います。急ブレーキを利用して方向転換する方法もありますが、これは上級者向けです。

滑り方の中級編

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi