スノーボード.com TOP ⇒ 滑り方の中級編 まがる練習

まがる練習

スノーボードで曲がる練習をする際、やはり始めのうちは転びやすいので、まず滑る際には出来る限り上手く転ぶよう気をつけてください。スノーボードなどは雪上スポーツは転びやすいのが特徴ですが、その中でもカーブの際というのが一番転びやすいものです。それだけに練習は他の技術よりも多く必要になるため、曲がる練習に臨む場合は根気が必要となるでしょう。

曲がり方には「ドリフトターン」と「カービング」という方法があります。ドリフトターンは、すこしスピードを落としながら回る技術で、やや急な方向転換である分だけ反射神経が必要となります。カービングは体重移動で曲がりますので、スピードをある程度は維持したまま曲がれますが、そこまで急回転する類の曲がり方ではありません。この二つの曲がり方を使い分けることが出来れば、コースの制覇も楽になるでしょう。

カービングは緩やかなカーブを曲がるとき、スピードを落とす必要がない場合に使います。そのため、見通しの悪い場所では移動先に何があるかわからないですし、使わないほうが賢明でしょう。ドリフトターンに関しては、ある意味ではブレーキを利用した曲がり方になります。上級者になれば急激な方向転換も可能となりますが、スピードはどうしても落ちてしまう曲がり方です。

曲がる練習は何度も行って、反復練習の末に身に付けていく技術です。まずは初心者用のコースで練習し、中級者・上級者用の難しいカーブがあるコースは、曲がるのに慣れてからにしましょう。

滑り方の中級編

ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/