スノーボード.com TOP ⇒ 基礎の滑り方 スケーティング

スケーティング

スノーボードで滑るためには、まずボードに片方の足を固定し、雪面を残った足で蹴って、その勢いで滑り出し、移動をします。このときボードに垂直に乗れていないと、前に滑り出しづらい場合もありますが、そういうときはとりあえず片足でたってみて、そこから地面を蹴ってみましょう。そうして自分の滑りやすい、蹴りだしやすい感覚というのを掴み、それからボードに乗ってみると良いです。

スケーティングは、スノーボードにおいて最も基本のテクニックとなります。これが出来ないことには、スノーボードで滑ることが出来ません。とはいっても、そこまで難しく考える必要はなく、緊張しすぎる必要もありません。人によっては、何となくの感覚だけで出来てしまう方もいらっしゃるくらいです。もちろん、難しくて感覚が掴み辛いというのが普通ですので、いきなり出来てしまう人に気後れすることはありません。

スケーティングにおいて、特に初心者の方は足元ばかりを見てしまいがちです。しかし目線は足元におかず、進行方向を見続けるようにしましょう。最初のうちは怖いかもしれませんが、慣れてくると進行方向を見ていたほうが滑りやすいことに気がつくはずです。まずはこの、スノーボードに片足を固定して逆の足で蹴り出すこと、進行方向に視点を置くことを、平らな地面で意識して練習しましょう。

スケーティングも練習しているうちに、感覚が掴めてくるはずです。最も基本なことであり、それだけに最も大切なのがスケーティングです。

基礎の滑り方