スノーボード.com TOP ⇒ 基礎の滑り方 転び方について

転び方について

始めてすぐに学ぶ必要のある大切な技術が、転び方です。転び方によって、より怪我になりやすい転び方とそうでない転び方とがありますので、ゆっくり確認してみてください。特に始めのころは、緩い斜面や平らな場所での転び方を学ぶのが大切です。転んだときは、緩い斜面のほうが地面との距離も遠く、痛いものです。ほとんどの方は初心者コースから始めることになるはずですので、このとき誤った転び方をしていると、痛い目を見てしまうようになるでしょう。

正しい転び方としては、転ぶ直前に身体を屈めるなどして、地面との距離を縮めることです。こうすれば地面との距離が近くなりますので、痛みも少なくなりますし、打撲の可能性も減らせます。また、出来れば倒れるとき、手を地面につかないようにしたほうが良いです。手首を捻ってしまうかもしれませんから。後は、前・後ろ、倒れる方向へと力を逃がすようにすれば良いです。

スノーボードにおいて、どんな上級者の方でも、普通なら転んでしまうものなのです。転んでしまうのは怪我をしそうで怖いかもしれませんが、スノーボード・スキーなど雪上スポーツは転びながら上手くなっていく遊びとも言われているほどですし、上手な転び方を覚えれば、そこまで怖くはないはずです。本当に怖いのは、転ぶことの練習をせず、下手な転び方をして怪我をしてしまうことです。

転び方はスノーボードにおいて何より大切ですので、妥協せず練習しておきましょう。

基礎の滑り方