スノーボード.com TOP ⇒ 基礎の滑り方 立ち方

立ち方

いきなりコースなど斜面のあるところではなく、始めは平らなところでエッジに力をいれて、立ち方の練習をします。平らなところで立った後、かかと部分を意識しつつ、更にエッジを意識すると、立ち上がることができるはずです。感覚的な問題に思われるかもしれませんが、スノーボードにおいて感覚的な問題は大切です。しかし、もし立った勢いそのままで滑ってしまった場合、怖くて止まりたいという場合は、とりあえずうまく転んで、また挑戦してみてください。

スノーボードを着けている状態だと、最初のうちは上手く立てないかもしれません。何しろ普段の靴などとは全く違う感触ですから、慣れるまでに時間がかかる方もいらっしゃるでしょう。そういった場合、いきなりスノーボードの上に立つよりも、まずは片足だけスノーボードに乗せた状態にしておき、感触が馴染むまで待ったほうが良いかもしれません。

バランス感覚にも寄りますが、初めてスノーボードの上に立ったときは、グラグラとふらついてしまうかもしれません。こういった時、無理に滑ろうとすれば思った以上のスピードが出てしまうこともありますので、そうなる前に転んで止まったほうが良いです。転び方が大切だというのは、こういった理由もあるのです。緊急停止の措置として、転ぶというのは非常に重要な意味を持っているのです。

雪上では、ボードの上に立っているだけというほうが難しいこともありますので、ある意味では技術が必要になるでしょう。

基礎の滑り方

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!