スノーボード.com TOP ⇒ 基礎の滑り方 止まり方

止まり方

止まりたい場所の少し手前あたりで、後ろ側の足を前方面に動かします。前足のかかとを軸にしてボードを半分程度回転させます。そしてエッジを意識しながら、少し腰を落として止まるようにすると、止まり方も安定するでしょう。この止まり方をサイドスリップ、またはサイドストップと言います。これが出来ると、スノーボードをやっている方が、何となく格好良く見えることもあります。

またこの止まり方には、後ろ側の足ではなく前側の足を動かして止まる方法もあります。人によってはこちらのほうが簡単という方もいますが、この辺りは人それぞれです。ただ、若干ですが後ろ側の足を前方面に動かすやり方のほうがやりやすい、という方が多いような気もします。しかしどちらにしても、転ばずに止まることが出来るというのは、やはり格好良いものです。

スノーボードにおける止まり方として、乱暴な措置ではありますが、転んで止まるという方法もあります。まだ初心者の時分においては、むしろ転ぶという止まり方のほうが基本となるかもしれません。もちろん、サイドスリップで止まれるほうが良いのでしょうが、しかし転んで止まることを恥じる必要はないのです。最初のうちは、無理な止まり方をしないほうが良いでしょう。

最終的にはサイドスリップを操れるようになると良いですが、最初のうちは転んでも構いません。急な上達を望むよりも、一歩ずつ上達していくほうが、最終的には上手くなれることもあるのです。

基礎の滑り方