スノーボード.com TOP ⇒ スキー場の選び方 斜面の角度

斜面の角度

傾斜は、初級者用のコースがほぼ10度までになります。そして10度ずつ上がるごとに中級者・上級者コースになっていきます。転んだときのインパクトは、傾斜が緩いほど地面に遠いので、実は初心者用コースで転ぶほうが痛いです。ただしこれに関しては、後ろに倒れた場合ですので、前に倒れる分には上級者コースのほうが危険です。とはいえ、後ろに倒れるのが転び方の基本ですので、上級者ほど前に倒れるケースは少なくなります。

斜面の角度が急になるほど、当然ながら滑るときのスピードも上がっていきます。初心者用コースはそこまでのスピードも出ませんし、その分だけコントロールがしやすく、転びにくい部類に入るでしょう。しかし先述したように、転んだときは痛いですので、人によっては身体で覚えるという塩梅になるかもしれません。転ばないのが一番ですが、転んで覚えるということもあります。

スキー場で斜面の角度がどうなっているか、ほとんどの場合はマップなどで確認できます。初心者用コース・中級者用コース・上級者コースなど、スキー場でも区分があるでしょう。自分自身に適したコースを選び、そこで上達を目指していくべきです。いきなりスピードの出やすい上級者コースから始めるというのは、怪我の危険もありますし、まずは初心者コースを選んだほうが良いです。

斜面の角度は、自身のスキルに合わせて選びましょう。いきなり上級者コースを選ぶのは、危険ですので避けるべきです。

スキー場の選び方

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!