カヤック・カヌーの高価買取のポイントとは

Mainpic

カヤック・カヌーの高価買取のポイントとは

カヤックやカヌーも人気のレジャーで、あくまで体験だけする人もいれば自分で購入して楽しんでいる人もいます。そんなカヤックやカヌーも買取の対象です!ここではカヤック・カヌー買取の基礎知識から買取に関しての情報をご紹介いたします。 

 
カヤックとカヌーの違いって?

パドルを使って水をかいて前進する小舟であるカヌー、そのカヌーが大元にあって韓ディアンカヌー、カヤックの二つにさらに分けられています。この違いはパドックにあり、水かきの種類によってどちらかというのを分けられているようです。日本で主にカヌーと呼ばれているのかカナディアンカヌーのことで、これはシンプルブレードパドルというものを使用します。

これは水かきが片方だけについているパドルで初心者や体力にあまり自信がない人は二人以上で乗船、左右両方を漕いで前進するのがおすすめです。片方だけということでチェインジングストロークという方法を用いて漕ぎ、これは船体の左右を交互に漕いでいくというもの、片方だけということで素早くパドルを持ち替えて漕ぎ進んでいく必要があります。テクニックがつけば片側だけを漕いで真っ直ぐ進むという可能で、これはカヌーのベテランガイドが知っており、ツアーによってはレクチャーもしてもらえます。

このカナディアンカヌーのルーツですが、元々ネイティブアメリカンが移動をしたり荷物を運ぶ手段して用いていたのがきっかけになります。そしてこれは船体上部が開放的な構造になっており、下半身を固定せず身動きが非常にとりやすい構造なのです。スピード重視ではなく、生活に利用されていたものらしく安全性を重視した構造になっています。そしてそんなカヌーに利用がおすすめな人はのんびりと小舟で遊びたい、という人です!カナディアンカヌーは急流をくだるようなものではないので、のんびりとした場所を楽しむもの、エキサイティングなフィールドには向いていないです。主に利用されているスポットはおだやかな川、湖で景色がいいところにカヌーで漕ぎだすと本当に気持ちがよく癒される光景が楽しめます。

広いオープンデッキは大人だけではなく子供も乗せやすく、中にはペットとの旅で用いる人も!またそのままカヌーの上で釣りをしてみたと色々な楽しみ方ができるのです。釣り師は釣具と同様に、中にはカヌーを持ってスポットに訪れるという人も多いものとなっています。近年ではカヌーと同じようなものでSUPというものもウォーターアクティビティで扱われていますが、こちらは座って漕ぐのではなく立って漕ぐという特徴があるようです。そして次にカヤック、カヌーとの違いはダブルブレードパドルという水かきが片方だけではなく両方についているものをいいます。

持ち替える手間もないので、初心者でも比較的扱いやすいのが特徴、コントロールもしやすいです。体幹が大事な操作で、またバランス感覚も必要、なのでまずは二人乗りからはじめて真っ直ぐ進めるようになる練習から始めるのがおすすめです。背軸を中心にしっかり身体も動かせますので、運動としてもなかなかやりごたえのあるウォーターアクティビティです!そしてカヤックはカヌーとはまた異なる来歴をもっており、もともとはエスキモーが海で使っていたものとされています。万が一膿でひっくり返ってしまってもまた元に戻れるようにエスキモーテクニックというものもあります。

そんなカヤックの構造ですが、座席部分以外が全て看板で覆われているクローズドデッキの構造、これは簡単に沈没しないようにできている構造となっており、船内に水が入りにくいように考えられているものなのです。カヤックの場合は船の上どこにでも乗れるような感じですが、カヤックの場合はしっかり座席がきまっています。しかし中にはオープンデッキのカヤックもあり、それはカヌーとは違うの?となりますが、基本的にカヌーとカヤックの違いは船体ではなくパドルにありますので、ダブルブレードパドルを使用しているならそれはカヤックとして分類されるのです。

そんなカヤックではのんびりとしたカヌーと同じようなツアーは勿論のこと、探検気分を味わえるツアーもおすすめ!スポットによってはエキサイティングな体験もできますので、カヤックで楽しんでみたい方法を探してみるのがおすすめです!シーカヤック、リバーカヤック、カヌー、ファンカヤック……そしてオープンデッキであればカヤックフィッシングも可能です。このようにカヤックはルーツも異なるもの、違いはパドルでわけられています。船体についてはそう変わらない場合がありますが、パドルを見てこれはカヌーでこれはカヤック、と判断できるようになります。

釣りとも密接な関係にあり、船では通常乗り入れられないような狭いスポットでもカヌー・カヤックであれば侵入が可能、穴場を見つけてフィッシングを楽しむことができます。小舟で釣り、というもの自体がとても楽しいもの、釣りをして景色を楽しみ、水面を自由に行き来する……ウォーターアクティビティを多く楽しめるので釣りをしている人に是非おすすめしたいのがこのカヌー・カヤックとなっています。勿論釣具同様にレンタルも可能ですが、レンタルだけでは物足りなくなってしまった場合は是非購入をおすすめいたします!  
 


カヌー・カヤックは中古で購入可能!

カヌーやカヤックはそれそのものが高額なものなので新品で購入は少々厳しい……と考えている人も多いものです。しかし自身のウォーターアクティビティをよりいいものにするためにもできれば欲しい!と考えている場合は中古を購入するのがおすすめです。他者から買い取って販売しているそれは中古というだけで新品より安く販売されています。それが最新モデルで新品同様のお品であっても定価で購入するよりは安いです。


また古くて使用感はあるものの使用には問題ない、という範囲であればとても安く購入できることがありますので是非見てみるのをおすすめいたします。簡易的なものであれば比較的安く取引もされていますが、自分のイメージにマッチしているこだわりのものを探す場合であれば少々値段がはることもあるので、フリマサイトやオークション、そしてリサイクルショップ、中古も扱っている釣具店を尋ねると自分が求めているカヌー、カヤックと出会える確率は非常に高くなります。

まだ始めたての場合は中古の安価なお品から入り、段々とレベルアップすれば問題ないのです。また中古で出回っているものということは買取を行なっているということ、なので、自分が他のものを購入する時はお持ちのカヌー、カヤックも買取依頼することが可能です。釣り用品はいずれも安いものばかりではなく、また色々なグッズを揃える必要があります。それらをいつも新品で購入して古いものは処分というのはとても勿体ないことです。有効活用の方法として買取依頼をする、という手段があるので、それを上手く使って自分のグッズを集めていくのをおすすめいたします。  
 


カヌー、カヤックを高く売るポイント!

これらは小舟とはいっても非常にかさばるもの、一軒家であっても複数を所持しておくのはそう簡単なことではないです。場所を取りすぎて家族の目が痛い……そんな時は使っていないものは売ってしまうのがおすすめです。現金化して違うものを購入する資金にもできます。そしてここではそんなカヌー、カヤックを高く売るポイントについてご紹介いたします。

まずは買取相場をチェック!これらは買取店によって大きくかわるので、まずはそれをチェックするのがおすすめです。ネット上で買取相場を調べて、適正な値段を出してくれるお店選びがまず大事、高額で購入したものであれば尚の事きちんと調べておきたいところです。もしわからない場合はLINE査定を行っている店舗もありますので、そんな店舗を府k数あたってみるというのも手です。そして次に大事なポイントとしておさえておきたいのが付属品も一緒に売る、というところです。こうした買取の場では付属品が欠けていないかどうか、というのも大事なポイントになってきます。

なので付属品がついているのであれば余さず全て揃えておくのが大事!また可能であればこのとき状態を見ておくのもおすすめです。汚れやすい部分が複数ありますので、そこを確認、可能であれば拭いたり磨いてたりしておくと印象がよくなります。商品の状態がいい=価格があがる、という可能性がありますので可能な限りしておきたいことです。そして重要点として、できれば早く売りに出すというものです。カヌーやカヤックは新しいモデルがでるとその前のモデルの買取価格は下がります。

理想は型落ちになる前に、そうでなくても早めに売ってしまう、というのは大事なのです。なので、もし使わないと判断したらすぐに売りに出すのがおすすめ、半年から一年程度使っていないのであればそれはあなたのカヌー、カヤックの売り時とされています。
 
 


買取に出す前にしておきたいこと

カヌー、カヤックのようなアクティビティに使用するものは野外での活動なのでやはり汚れがつきやすいものとなっています。そしてそのまま買取に出すのはおすすめできず、汚れを取り除いてから出したいものなのです。そんなカヌー、カヤックの汚れはどんなところに溜まっていて、どんな方法で取り除けばいいのかについてご紹介いたします。まずは表面から、水洗いで問題ないのでしっかり洗い流すのがおすすめです。船体を痛めないもので擦ったり洗剤を使うのも有効です。

まずはしっかり洗ってしっかり乾かし、表面は勿論のこと内側についている汚れや砂、泥などもしっかり洗い流しておくのがおすすめとなっています。また、水面に浮かぶこれら小舟は海でも使用することがあります。そのため錆びが出てしまっている場合もあるので、その錆びも可能な限り綺麗に磨いておきたいところです。勿論錆び落としを使用して磨いて問題ないです。また漕ぐときに使用するパドルなど付属品もしっかり洗って綺麗にし、船体も付属品も綺麗にしておくと買取価格があがる理由になります。

そして最後に型番、メーカー、ブランド名は把握しておくこと、ここまで行なって買取に出すのがおすすめです!少々面倒に感じるかもしれませんが、この手間が効いて思わぬ高額買取になるケースもあります。なので是非時間が許す限りメンテナンスをして、買取に出すのが大事です。 
 


持ち運ぶのは大変!買取依頼方法は?

カヌーやカヤックはそれそのものが非常に大きいお品なので、持っていくのがとても大変です。中にはガレージの天井にぶら下げてようやく収納している、という人も多いもの、それを車に積んで運ぶ、というのも大変です。普段レジャーに出かけるときの運搬方法はあるとはいえ、そんな時間がどうしてもとれないときもあります。そんなカヌー、カヤックでおすすめの買取依頼の方法は出張買取となっています。店舗買取だけではなく複数の買取方法を提示している買取店も多いもの、こうした船体は出張買取に応じていますので、まずは電話で連絡がおすすめです。

専用の車で自宅まで出向いてくれてその場で査定、即現金化が可能となっています。複数ある場合もその旨を伝えるとしっかり対応してもらえますので是非相談してみるのがいいです。また船体だけではなく、他の釣具など、売りたいものが有る場合は全部まとめていらいするのがおすすめ!いずれもその場で査定、そしてそく現金化してもらえる上にまとめ買いということでプラス査定がつくこともあります。レジャーグッズ、釣具がありすぎてどうにもならない……そんな時は出張買取ですっきり解決!お金にすることが可能です。

またLINE査定でまず大まかな見積もり、電話でメーカー名などをつたえておくとそこからでも見積もりをしてもらえますので、大体の価格を知りたいという時だけでも便利です。買取の相場は調べれば出てくるものはありますがお持ちのものが出てくるとは限らないもの、見つからない場合はまず見積もりから始めて売るのを考えるのがおすすめです。買取店を選ぶ時の目安にもなります。
 



カヤック買取・カヌー買取
カヤック買取・カヌー買取